上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
10月2日(火)晴れ

今日は群論の化学に対する応用の理論の試験があった。
かなり十分な勉強をしたと思ったのに、ぜんぜん余裕じゃなかった。
てか、かなり難しかった。
日本では、授業でやった問題や、宿題として出た問題とほとんど同じ問題がテストで出る。
時には、去年の過去問とほとんど同じような問題がそのまま出る。

アメリカじゃ、そんなこと全然無い。
難しかった。
まず、ぱっと見た見た目は宿題や授業でやった問題とはまったく違かったから、意味をないがしろにして、問題の解き方を暗記して類題を解いただけのテスト勉強では、0点を取っても不思議じゃない。
そんな、”要領のいい”日本人がこの授業の理解度を試すためにこのテスト受けたら、0点取る。
それに加えて、単純な難易度も授業でやった問題や、宿題よりも難しい。

びっくりした。
僕には、解けないことはないけど、時間が足りなかった。
9割解いた。
そのうちの8割が当たってると思う。
となると、全体としては7割から6.5割で、まあ、この調子でいけば単位は貰えそうなくらい。

これがアメリカの大学か。
こんなに厳しい教育機関なのか。
そりゃ、東大の10倍ノーベル賞学者を輩出するわけだ。
そして、日本からの留学生なんて、あんまり相手にされないわけだ。

ところで、昨日まで考えていた群論の化学への応用の理論の修正だけど、今日意味がないことが分かった。
もしかしたら、意味があるのかもしれないけど、そしてそれは、本質的に分子の構造を決定する量子力学に影響を与えるかもしれないけど、もっと楽に同じことをやる方法に気づいてしまった。

量子力学の授業の前に、アメリカ人2人と議論した。
その時は、自分のアプローチは、新規性があって、本質から分子の扱い方を変える理論だと思ったんだけど。
その後でよく考えてみたら、今ある理論を2個使えば、わりと簡単に解決できる問題だって気がついた。
残念。

詳しく書くと。
分子は、その対象性から強い制約をうけて、その電子状態が決まる。
だけど分子は実際は結合の振動や折れ曲がり運動によって、理想的な対象性を持っていない。
となると、対象性を使った議論はまったくできなくなり、対象性の制約から解き放たれた分子の電子状態は、まったく予測不可能な、わけのわからない状態になる、と群論からは予想できる。
少なくとも、群論を使った制約から、どのくらい離れているのか、まったく予想する手段がない。
だから本質的に、今ある理論は現実の分子を説明するのには使えない。
今のところそれは上手くいってるけど、それは完全な偶然で、実質は群論によって分子をうまく分類しているだけで、その分類に当てはまる共通の特徴を、ただ実験によって求めて丸暗記して、今の問題に適用しているのとなんの違いもない。
だから、今ある理論は修正される必要がある。

こういう理屈だったんだけど、よくよく考えてみたら、群論を使って理想的な分子の電子状態を予想して、perturbation theoryを使ってその分子を振動させたり折れ曲がらせたりすれば、現実の分子の電子状態なんて予想できるじゃん。
簡単だ……
こんなの、簡単にできるじゃん。
新しい数学とか、もしかしたら必要になるかもー。
必要に迫られてそれを作るのは、僕だ!
なんて思ってたけど、バカじゃん。
あーあ。
残念。

このやり方だと、群論で予想した、理想的な分子から実際の分子がどのくらい離れているのかを、近似の精度という形で取り入れられるから。
なんの問題もないんだよなぁ。
もしかしたら、この、簡単なやり方も、新しい発見だったりしないだろうか。
するわけねぇか。
ああ、残念。

ところで今日は、フィリピン人の人たちと一緒になって試験勉強した。
みんなでワイワイ。
いいね。
こういうの、日本では無かったから。
頭脳に差がありすぎて、話ができねぇよ!
なんて、やさぐれていたから。
上に書いた理屈を、あの大学の学生に話しても、誰も理解できないだろうことは予想がつくけど。
教授に話しても、追いつくのに苦労するだろうけど。
てか、ハナっから理解をあきらめて、潰しにかかるだろうけど。
今の大学で、人を選んで話せば、理解してもらえる。
いいことだ。

始めは、やっぱり、こんな小グループの中じゃ1番でなきゃ!
みたいな見得を張ってたけど、そんなのやめて、普通に勉強すればいいんだよ。
分からないところは聞いて。
おかしいと思うところは議論戦わせて。
時々冗談でも言って。
お互いの国の言葉でも教えあって。
普通に面白かった。

こんな感じで、友達が増えていくのかもな。
また、女の間での争いが起こってるけど。
うげぇごめんなさい。
みんなに優しくするから。
僕は。

ごめん。
モテたいの。
べつに彼女として、しっかり確保したいわけじゃなしに。
女の子に囲まれていたいのよ。

どうすればいいのか。
まあ、誠実に対応すればいいんだろう。
友達よ、友達。
時々、本当に時たま性的にちょっとピクッと反応することがあるけど、それだけで。

でもそのフィリピン人の一人と、今度の金曜日に教会に行って、キリスト教文化を教えてもらう約束をした。
こういうのが、誤解を与えるのかもしれない。
韓国人の人男友達に頼んで、一緒に来てもらおうか。
意思表示。
友達として行くなら、なんの問題もないよね?って。

なんで日本の女がやるような手を、男の僕がやらないといけなんだ?
おかしいだろ。
でもそれが現実。
女難。

スポンサーサイト
2007.10.03 Wed l 自分のための日記 l COM(0) TB(1) l top ▲

コメント

コメントの投稿












        http:// , @は禁止ワードです

トラックバック

トラックバックURL
→http://iwanttobefamous.blog118.fc2.com/tb.php/32-f920f241
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
経済指標の読み解き方がよ~くわかる本―経済指標で景気の動向がわかる (How‐nual図解入門―ビジネス) ここをクリックして『解き方を数学の理論』 関連商品を探してみよう!!フリマやオークションでお宝グッズ・意外なものが見つかるかも!?楽天で「解き方を数学の理論
2008.02.09 Sat l なるほどキーワード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。