上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
12月31日(日本時間)(月)雪

今日はもう、どうせ勉強なんて手につかないんだし、さっさとあきらめてテレビをずっと観てた。
割と面白かった。

K-1とか。
ローキック強いね。
ルカニ並に強いね。
地味だけど重要ってこと。

あと、新年の抱負を書いた。
手紙形式で来年の自分に向けて書く。
これが面白い。
普通、新年の抱負なんて、習字みたいに書初めして壁に貼って、3日後にははがすだろうけど。
こうして1年後の自分に手紙にして書くと、ほどよく書いたこと忘れて、どんなこと書いたんだっけなぁって、毎年年末が楽しみになる。

これを読む時、僕はどうなっているだろう。
ほんの5ヶ月でもかなり成長したと思えたからな。
12ヶ月もアメリカに居たら、きっと別人みたいに大きくなるだろう。
楽しみだ。

9ヶ月前に自分が今の自分に向けて書いた手紙を読む。
まあ、大体今の状況をよく予想していた。
と言う事は、やっぱり目標をちゃんと達成できたってことで。
僕はうまくやっている。

今年も終わり。
来年もいい年でありますように。

スポンサーサイト
2007.12.31 Mon l 自分のための日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
12月30日(日本時間)(日)晴れ

必死の抵抗もむなしく、今日もゆっくり過ごした。
さすが田舎。
ここまで競争心を萎えさせるものも無いだろう。

なんでかなぁ。
今日は統計力学の復習をしようと思って、教科書を読んだんだけど。
一日で30ページしか読めなかった。
一回読んだ教科書なのに。
これは、無いだろう。

こんな調子じゃ、とてもじゃないがまともに勉強なんて進まないな。
何を今さらって感じだけど。
そんなに余裕無いのに。
まあ、休み明けたらどっちにしろガリガリやらなきゃいけなくなるんだから。
今のうちに休んでおくか。
と言うよりも、勉強しなきゃマズいんじゃない?って気を養っておくか。

明日で今年も終わりか。
この一年、なかなかに色々あったな。
悲しい事やつらい事や嬉しい事や幸せな事や。
人生を歩んでるって、実感の持てた年だった。
そういう感覚は、どんどん増えていくんだろうな。
充実した学園生活になりそうだ。

本当に、未来に希望が持てるって、幸せな事なんだなぁ。

2007.12.30 Sun l 自分のための日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
12月29日(日本時間)(土)晴れ

今日も12時起床。
別に寝不足なわけではないはずなのだけど。

今日もちょこちょこと物理のサイトを作った。
あんまり進まなかったな。
テレビを4時間観たのがよくなかったね。
いくら休みと言っても。
充実感や達成感が無い。
よくないです。

やろうと思っていた勉強も、カケラもしてないし。
うーんどうしよう。
サイト作るのもいいけど、残りの時間は勉強に費やそうか。
コンピュータサイエンスと統計力学。
まずは統計力学の復習が、急務だな。
やるか。
サイト製作はひとまず置いといて。

あと今日は親と買い物に行った。
アメリカに持っていくお土産をちょっと買った。
あと変圧器とフラッシュメモリ。
これでバックアップとか取れるぜ。

2007.12.29 Sat l 自分のための日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
12月28日(日本時間)(金)晴れ

昨日の夜更かしがたたって、今日は12時起き。
せっかくの貴重な日本帰国だってのに、これはないね。

起き出して、昼ごはん食べてちょっとゲーム。
またドラクエを進めた。
ひとしきりメラミの強さを実感した後で、さすがにガタがきてたのか、バグって主人公の故郷の城に辿り着いたところから先に進めなくなった。
まあ、ちょうどいい頃合いだったし、そこらでやめて、また物置に押し込んだ。
次にひっぱり出した時には、もう動くまい。

にしても。
純粋に戦闘のシステムだけを楽しむなら、ドラクエⅢの方が面白いな。
今さらながらに人にあげてしまったのが悔やまれる。
勇者、戦士、僧侶、魔法使いの王道パーティがどれだけ面白いのか、体験してみたかったが。
魔法使いって、使い捨てっぽさが嫌いだったんだよなぁ。
ホイミもやくそう使い切ってからしか使わなかったし。
補助魔法がどれだけ戦闘を多岐に渡らせるか、体験したかったが残念だ。

しかし、今考えるとドラクエⅢはストーリー無さすぎだよな。
魔王を倒すために旅をする。
って、1行で要約書き終わる。

あとは例の物理のサイト作った。
あんまり進まなかったけど。
一応、一項目作り終えた。
まだまだ残ってるけど。
β版の公開ぐらいならできるようになるかも。

今年も残すところあと3日。
たったの、それだけですか。
実感無いなぁ。
季節が一巡り。

2007.12.28 Fri l 自分のための日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
12月27日(日本時間)(水)

今日は延々とドラクエをやった。
久しぶりに、ドラクエやってみたくなったから。
物置でホコリかぶってたスーパーファミコンを引っ張り出してきて、ドラクエⅤをやった。
うわ。
懐かしー。
これ最後にやったの、もう8年ぐらい前だよ。

面白かった。
当時は気づかなかった面白さに気づいた。
ルカナンつえぇ。
イオつえぇ。
せいすい便利。
キメラのつばさ頼もしい。
魔法で攻撃したほうが、結果的にはMPの節約になる逆説!

レベル上げも新装備をコンプリートするための金稼ぎも、実はする必要なんてなかったんだ。
考えて作られてたんだねぇ。
当時は気づかなかったけど。

そんなこんなで、合計13時間プレイ。
今朝の5時。
相変わらずどうしてこんなところだけ集中力発揮するかな。
明日は真面目に戻ろう。

ところで嫁にするなら断然ビアンカだね。
試しにフローラ選んだらあまりの使えなさに存在を忘れてしまった。

2007.12.27 Thu l 自分のための日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
12月26日(日本時間)(水)晴れ

今日は一日家に居た。
のんびり、はあんまりしなかたけど。

昨日の予定どおり物理のサイトを作る。
ちょっと書き進めた。
この分なら、休み中に1章を書き終えることができるはず。
挿入する図を描かないといけないけど。
それはテンプレートを作ってコピー&ペーストでどうにか済まそう。

テレビでロボコンをやっていた。
いいねぇ。
子供のころからよく観たけれど。
いいねその汗その涙。
面白かった。

いちおう競技なはずなのに。
どうにも職人がたぎな姿勢がうかがえたりする。
合体ロボを作ろう!とか。
まあ、単純にガキーンと変形とかしてくれたら観ててわくわくするけど。
非効率を承知で自分の趣味に走った作品を作るあたり、いいなぁと思う。
なんでしょうね、これ。

うん。
人に強制されたわけではない、自分でやりたいと思ったことを成し遂げた姿が美しいと感じるんだ。

僕もこんな青春を送ってみたかったなぁって思う。
そのために必要な勉強は、ほとんどしてなかったけど。
ちょっとはしてたけど。
当たって砕けるのがイヤで、挑戦することをためらってたけど。
やれば出来たのにやらなかった自分が歯がゆい。

何やってたって、遊んでばっかりいた。
トレーディングカードゲームが世界のすべてだった。
あれは面白かったな。
いちおう、ちょっとした賞を取ったけど。

それに、あの頃は将来何になるか決めかねてたんだった。
懐かしい。
画家になるか詩人になるか小説家になるか科学者になるか。
一個明らかに浮いてるけど。

結局自分の才能と相談して科学者になることを選んだのは高校2年の冬だった。
それまでも理系の道をひた進んできたけれど。
案外、心に決めてから日が浅いんだな。
どうりで昔の自分はなんか中途半端なことをやっていたわけだ。

科学者なんて目指して、落ちこぼれたらどうしよう、なんて悩んでいるヒマがあったら勉強して自分がどれだけやれるか試せばよかったんだ。
でもそれで無理って結果が出るのか恐くて、試せないでいた。
まったく懐かしい。
そして案外、笑えない思考。
すっかり忘れていたが、そういう心配も確かにあった。

思春期。
アイデンティティの危機。
夢をあきらめ妥協し、こんなはずじゃなかったと呟くことが大人になるって事なのか。

とりあえず僕には関係なかったけど。
そうじゃない人も沢山いるわけで。
そういう人はかわいそうだなって、思う。
たまたま才能に恵まれないで生まれたってだけで。

そういう人も救われるような世の中に、ほんの30年でなるよ。
そういう世界を創るのに貢献できるのは、今のところ、ごく一部の人だけだけど。

あと、留学のすすめという記事をちょっと書いた。
日本人はどんどん世界に留学していくべきだ。
そうすれば日本に残っている院生の待遇がよくなるから。
こんなヒドい状態で、なんで誰も文句言わないのやら。
今となっては正直、頼まれても日本の大学院には行きたくない。
てか、無試験で飛び級させてやるからうちの大学院に残れって言われたけど、断ったし。
あの誘い受けなくて本当によかった。

2007.12.26 Wed l 自分のための日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
12月25日(日本時間)(火)晴れ

今日がクリスマスだったのか。
気がつかなかった。

今日こそ少しはサイトを作ろうとしたんだけど。
2章目をどんな風に書くかを考えただけで、今日は終わった。
難しい。
どうするのが一番分かりやすいだろう。
できるだけ、自分で法則を導き出して欲しいから。
手軽に出来て、かつ本質を失わない実験を提唱しないといけない。
難しい。
大学の先生以外の先生に出来ないのも無理はない。
まあ、がんばれば僕には出来るけど。

やっぱり何か実を結んだ感じが欲しいから。
明日からは1章目を書き始めよう。
2章のことは後回し。
どうせちゃんと、つじつま合うように書けるだろう。

今日は墓参りに行った。
ばあちゃんの1回忌。
アメリカに居たから、式には出られなかったけど。

あと親と買い物に行った。
調味料と本をちょっとと下着を買った。
あと薬味用のおろし金。
きっと便利。

これで日本で買いたいと思ってたものは全部買ったろう。
あとはお土産に何かお菓子でも買っていこう。

ところで帰ってからクレープを作ってみた。
親がクレープの元を買ってきてたから。
初めて作ったけど、わりとおいしくできたな。
薄焼き卵の要領で。
ミルクレープ。

こっちに来てから早1週間。
そろそろ英語を使わないとヤバいと思って、ちょっと教科書を音読して、読み進めた。
英語の教科書じゃなくて、英語で書かれた物理の教科書を使うあたり、僕も成長した。
ほんの半年前と比べても、見違える。

潮の満ち引きについて理解が深まった。
昔ファインマン先生の力学の教科書を読んだ時は、よく分からなかったけど。
4年越しの復習。
いつかしようと思って、結局しなかった復習。

2007.12.25 Tue l 自分のための日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
12月24日(日本時間)(月)晴れ

今日は電車で近くの都市まで買い物に。
日本の小説を買い込む。
50冊ぐらい。
少なく見積もっても半年分。
6ヶ月はもつでしょう。
月10冊も読めるほど、時間に余裕は無いだろうし。

電車でガタゴト揺られて行く途中で例の物理のサイトの原案を書く。
とりあえず、1章については書き終わった。
もう1章分ぐらい原案を書いたら、本格的に作り始めようと思う。
休み明けまでに作り終わることは無さそうな雰囲気になってきた。

とりあえず、目的地に着いたら古本屋に行った。
まあ、低予算で済むならそれでいいと。
『Rozen Maiden』全巻買う。
これ、読みたかったんだよなぁ!
巻きます。
巻きますっ!

今すぐにでも全部読みたい気がウズウズするのだけれど。
まあ、アメリカ行って、ゆっくり楽しもう。
もうこういうの、手軽には買えないからなぁ。

あと20冊ぐらい小説買う。
息抜きに読めるライトノベルを中心に。
あと三田誠広。
『いちご同盟』をもう一度。

あと、大型書店に行って大学入試用の物理の参考書を30冊ぐらい虫食い的に読む。
とりあえず置いてあったやつ、手当たり次第に読んでみた。
座って読めるように、イスが用意してあるあたり、すげー親切。
立ち読みだけして帰る気まんまんだったけど、ついついそんなに欲しくない本も買って帰ってやろうかという気になるね。
まあ、本当にちっとも欲しくない本しか置いてなかったから、買わなかったけど。
量子カオスについての、簡単な読み物があったら買ったのに。
ひも理論なんて、素人が聞いたって雰囲気も分からないような理論が、なんでそんなに人気かねぇ。

例のサイトで、参考書として薦められるような本が無いか探したんだけど。
特になかったな。
てか、問題集はタイトル以外、内容はほとんど同じようなもんだった。
参考書は、ま、これで分かれば、最初から苦労しないだろって内容のものがほとんどで。

いや、確かに、これに従って勉強すれば物理の入試で点数を取ることはできるようになるだろうと感じるものは沢山あったけど。
しかし、それじゃ、物理を分かったことにはならない。
何が決定的にダメかって、どれもこれも、現存する物理法則を、まったく疑いようもない完全な事実だとして教えているところ。

そりゃ確かに疑ってかかっても意味ないぐらいには、高校で出てくる程度の法則はがっしりした事実だけど。
しかし、そこを疑ってかかって、新しい理論が作れないかと模索するのが、正しい科学的姿勢なのに。
少なくとも、そういう議論を一回は経験しとかないといけないのに。
まあ、そういう考え方、できないんだろうな。
さすがに予備校の先生にゃ、荷が重い。

てか、普通はそんなの気にしないで暗記に走るんだろうけど。
そうじゃない人は、こんなのいくら勉強しても、何の足しにもならない。
僕が大学入ってファインマン先生の本を読むまでは、物理がちっとも分からなかったのもうなずける。

最近はちゃんとした教科書しか読んでなかったから、僕なんかがわざわざ先生まがいのことをして、ウェブサイトなんか作って意味あるのかと自信無くしてたが。
この辺の受験参考書には余裕で勝てるな。
こんな悪質な本ばっかり読んで勉強している日本の学生は、本当にかわいそうだ。
そしてそういう批判を、当の受験生は出来ない。

だから僕が少しはマシな教材を提供してやろうと思う。
そしてその正当な報酬として、ちょっとしたお金を手に入れてやろうと思う。

そんなこんなで2時間ぐらいイスの上で参考書読み漁って。
全部棚に戻して、やっぱり息抜き用のライトノベルを買い漁る。
30冊ぐらい買った。
さすがに高かったな。
あと、全部にカバーかけてくれた店員さんありがと。

新書は高い。
1万5千円とかした。
古本屋で買った分も合わせると、2万円弱使ったことに。

とはいえ、半年分だし。
それぐらいいいやと思うけど。

これでファンタジー分の補給も安心。
殺伐とした物理の世界に生きていると。
神様が創った奇跡のバランスを見て生きていると。
たまには、人間だって奇跡を起こせるんだ!
という気分になりたくなるのだ。

増えすぎた人口もきっと魔法がなんとかしてくれる……

2007.12.24 Mon l 自分のための日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
12月23日(日本時間)(日)雨

もう時差ボケもすっかり治って、今日は朝8時ぐらいに起きた。
やっぱり単純に時差ボケだけなら、そんなに大変なことでもないようだ。
カルチャーショックというか、違う国に来た不安と同時に来ると、えらく耐え難いように感じるけど。

今日は例の物理のサイトの原案を書いた。
結構書いたな。
多分、分かりやすい説明になってるんだけど。
もうちょっとで1章分の原案が書き終わる。
あとはこれに沿って実際に作るだけ。
それがまた、時間かかるんだろうけどなぁ。

なんか時間の使い方が、効率的でない気がする。
アメリカでだったら、もっとガリガリ勉強進んだもんだったけど。
田舎のもつのんびり感には、負ける。
まあ、どうせ、親孝行しに来てるんだし。
休もう。
どうせ年明けからは、泣きたくなるぐらい忙しくなるんだろうし。

昔書いていた小説を読み返してみた。
実家のパソコン内に保存してある。
高校2年の秋から3年の夏にかけて書いていたファンタジー小説。
懐かしいわぁ…

もう6年も昔の文章だ。
普通、昔に書いた文章を後から読み返してみると、恥ずかしさに身もだえするもんだって聞くけれど。
別に、どうということはなかったな。
まあ、普通。
描写が簡潔を通り越して不十分だったりしたけど。

しかし、話の内容がつまらなかった…
いや、よく作られてるとは思ったけど。
とりたてて矛盾もないし。
ただ、すごく陳腐。
いや、どっかの作品の丸パクリとか、設定を流用してるとかいう事はなかったけど。
なんだか、よくあるような話だったなぁ。
もう一ひねりあってもよかったのに。
って読後に思わせる。

結局、小説を書く才能ってのは、そういう、一ひねりを生み出せるかどうかなんだろうな。
残念ながら僕には無いようだけど。

結構がんばって書いたつもりだったんだけどなぁ。
少なくとも、当時としてはかんがって臨場感や迫力が出せたと思えた、自信ある箇所があったんだけど。
今読むと、やっぱり何か足りないんだよな。
深みが足りない。

そう思えるなら、今書いたらもうちょっとはマシになるんだろうか。
たとえ文章が改善しても、ストーリーがつまらないから結局どうしようもないのだ。
当時も、これは別に、誰だって作れるようなストーリーだと思ってたけど。

総じて言って、クズ小説だった。
リフォームは可能だろうけど。
僕には無理。

そういえば今、僕は新しい物理の教科書を作ろうとしてるんだけど。
いくつになったって、同じような事をしている。
こっちはそれなりに才能ある分野での仕事になるはずだけど。
後から見たら、不十分と思うんだろうか。
そうはならないように書いているつもりだけど。
思うんだろうな。

ま、それが進歩ってやつだから。

2007.12.23 Sun l 自分のための日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
12月22日(日本時間)(土)晴れ

今日ものんびり過ごした。
どうしてもバリバリできないね。
田舎に来ると。
まあ、親孝行して行こう。

ちょっとファインマン先生の本を読んで、後は例の物理入門のサイトをちょっと作った。
あと窓ガラスを洗った。
大掃除。

今夜はすき焼き。
美味かったけど。
なんでかなぁ。
小、中学生のころみたいに純粋に喜べないのだった。
不思議な感じ。
もう、食に関する欲が無くなったのかもしれない。

こんな時は少しぐらい断食してみるのもいいかもしれない。
飽食の時代に渇!だ。
いつの間にやら普通にクリスマスを祝う日本人は10年後にはラマダンをやり始めろ。
命令形。

やっぱりありがたみが無いと。
おいしいものを食べても、おいしいとは感じても幸せは感じないのかもね。
空腹は最大の調味料なり。
そんな感覚無くなったなぁ…
いい事なのか悪いことなのか。
幸せとはなんなのか。

まあ、魚は美味いけどね。
あーやっぱ日本の魚は美味いわ。
ありがたい。

テレビでやってたフォークソング特集というのを観てみる。
今聞いてもいい曲だなぁと思えるものがあったり、何でこんなのが流行ったのか分からないものもあった。
今も昔もそう変わらないんだな。
それとも単に、好きな曲なんて人それぞれってことなのかもしれないけど。

僕はイルカのなごり雪が大好き。
幼馴染はいつの間にか大人になり、恋心に気づいた時にはもう人のものになっていた。
うおぉ切ねぇ。
こういう”歌”を映画化して欲しいもんだよ。

5年ほど前に、受けたけど落ちた大学の入試問題の問題用紙が机の中にとってあった。
苦い思い出。
読み返してみたら、物理と数学はさすがに今受けたら解けそうだけど。
それでも散々てこずると思うけど。
そりゃ、解けるわな。

化学は単純に忘れてる知識を問われてる問題は解けそうになかった。
これだから化学は。
まあ、しかたないけど。

でも英語は解ける気がしない。
読んで内容は理解できるけど。
それでもそれをしっかりと日本語に訳せる気がしない。

日本語だって、辞書的な意味は知らないし、いつか引いて正しい意味を調べなきゃなぁと思いながらもなんとなく使ってる言葉は沢山あるだろうに。
なんで英語の単語の意味を、よその国の言葉と1対1の対応をつけて覚えなきゃいけないんだか。
そんなことやってるから日本人はいつまで経っても英語ができるようにならないんだよ。
中、高と、基本的な教育の内容も教師の質もそんなに悪くないのに。

good night.
さよなら。
Hollo.
やあ。
僕はこういう意味で普段使う。
そもそも正しい意味で訳せてないんだよ。
和英辞典で引いた英語を使って英文を書いて、何度泣いたことか。

英語は英語のまま理解して勉強する。
これが普及してくれることを、真に心から願う。
ま、そういう正しい勉強法が広がる前に、信頼性の高い同時通訳ソフトが普及するだろうけどね。

技術の進歩がなんとかしてくれる。

2007.12.22 Sat l 自分のための日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
12月21日(日本時間)(金)晴れ

今日は日本で学部時代を過ごした大学に訪問してみた。
懐かしいねぇ。
ほんの5ヶ月前までは毎日ここに通っていたというのに。
いやはや。

家から電車で2時間の距離でしかないし。
近くていい。
電車に乗るのもひさしぶりだ。
新幹線ならおととい乗ってきたけど。

やっぱり寒かったなぁ。
実家よりもずっと寒かったなぁ。
もう寒いのなんてゴメンだと思ったもんだけど。
喉もと過ぎれば熱さ忘れる。
不思議と恋しくなるんだな。

先生と話し込んだ。
かれこれ2時間半ぐらい話したか。
まあ、とりとめも無いことを。
近況報告して。
アメリカのこととか。
世間話。

将来どうしようか。
本当はもっっっっとレベルの高い大学に勤めたいけど。
この大学に舞い戻ってくるのも、まあ保険というか最低ランクの選択肢として残しておいてもいいかもしれない。
理学部なら。
工学部には絶対に勤めたくないけど。

そういう差し迫った利益もあるからな。
付き合いは大事にしないと。

日本の大学でも、少しずつなら学生への経済的な援助が進んでいるらしい。
まだまだ発展途上国と同じような待遇みたいだけど。
いい事だ。

アメリカの学生の待遇のよさや、その分の勉強の過酷さとか。
気候とか食事とか風土とか。
ま、そんな話をした。

そういや、僕でも学生をインターンシップとして雇えるかって聞いたら、どうやら出来ないこともないらしい。
例の日本を直接民主制にするって話。
本気でやる気でやるなら、学内でプレゼンして、情報系の教授にアピールして、共同研究で作ることもできないことはないらしいけど。
さすがにそこまでやるかどうかは分からない。
個人経営で、ちょっと小金を稼ぎたいって気分だったし。
そういう方向から攻めてみるのも、いいかもしれないけど。

あと研究室にも寄って。
昔の同僚と会ってみたけど。
明日から休みっていうのもあって、2人しか居なかった。
ま、ちょこっと話して、お土産渡して。
マシュマロ。
日本ではあんまり買えないような、2回りぐらいデカイやつ。
ふもふも。

いやはや。
懐かしかった。

昼と夕方に立ち食いソバを食べた。
これは日本の味だわ。
うまいうまい。
天ぷらうどんは上手いなぁ。
絶品だね。
こういう当たり前のことが、すんごい贅沢な気分。

よく行ってた本屋にも行ってみた。
当たり前だけど日本では普通にマンガやラノベが手に入る。
幸せな気分に浸りつつ。
『のだめカンタービレ』の19巻を買ってくる。
そう言えば18巻目を買ったのは東京にビサを申請しに行った帰りだった。
本屋にはまた行って、大量に本を仕入れてこないとな。
1年分。

2007.12.21 Fri l 自分のための日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
12月20日(日本時間)(木)

日本は寒いねぇ。
さすがに冬だ。
当然だけど。

時差ぼけもほとんど感じない。
最初からアメリカで昼夜逆転した生活してたからな。
褒められたことじゃないが。

今日は例の直接民主制を実現する方法について書いてまとめた。
とりあえず、定性的な部分はあらかた書いた。
後は数学的な詳しい検討をするけど。
まあ、これはしてもしなくてもどっちでもいいけど。
けど、仕組みを最適にしたと確信を持つには必要なことだから。

あとは家事を手伝ったりのんびり話したり、親孝行。
親孝行、したいときには親はなし。
なんて言うからね。
ま、できるうちにやっとこう。

久しぶりに風呂を焚いた。
未だに風呂を薪で焚くのも、うちぐらいなもんだろう。
あと飲料水が湧き水ってのも。
すげー自然豊か。

なんとなく疎遠になっていた幼馴染と連絡をとってみる。
プログラミングについて知ってるはずだし。
ビジネスな話を持ちかけてみた。
僕と一緒に日本の新しい政治を創らないか?

残念ながら彼はそこまで野心家じゃないらしく。
それに、そんなにプログラミング勉強してないから、役に立てないと。
残念だなぁ…
彼と組んで会社を立ち上げたら、ちょっとした美談になったのに。
ま、より機械的に、優秀な人材を人から紹介してもらおう。

明日は日本にいたころに通っていた大学に訪問する。
こういう付き合いを大切にしといたら、後から役に立つかもしれないし。
僕が見つけた理論の実証を、論文が発表になる前に検証してもらったりとか。
別にそれ、僕は得しないけど。

2007.12.20 Thu l 自分のための日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
12月18~19日(日本時間)晴れ

今日はついに日本に帰ってきた。
懐かしの我が祖国。

なかなか寝付けなくて、結局2時間睡眠ぐらいで朝5時に起き出して出発。
キリスト教の先生に車出してもらって空港へ。
結構な距離があった。

チェックインして、最初の飛行機にはスムーズに乗れた。
国内便。
とりあえず国際空港まで飛ぶ。

で、飛行機に揺られて国際空港に着く。
昼にピザを2ピース食べた。
でかくて美味かった。
やっぱり食べ物は本場のものに限るね。

12時に着いたはずだったのだけど。
1時に乗るのなら余裕だと思ってたんだけど。
アメリカは国内にも時差があるってことを忘れてた。
到着予定時刻も出発時刻も現地時間で書かれてて、ちょっと自分の時計ずれてた。
余裕に到着したはずなのにチェックインがもう始まってて焦る。
まあ、間に合ったから何の問題もないけど。
今度からは気をつけよう。

そこからは長くてしんどい飛行機の旅。
大変だよ~。
しかもなんか、途中で燃料が足りなくなったとかでアラスカに一時給油のために着陸。
2時間も予定が遅れた。

その間エコノミークラスの狭っちいイスの上で大変だった。
うとうとしたり、艦内放送されてるギャグアニメの名作を見たり。
とりあえずアメリカンなノリが面白かった。

今回はちょっとは風景を楽しむ余裕があった。
アラスカのそびえ立つ山々とか見た。
きれいだったよ。

日本に帰ってきてからは、いそいで電車に乗って実家を目指す。
2時間も到着が遅れたから終電が気になったけれど、なんとか間に合った。
助かる。
まあ、飛行機のせいなんだから僕のせいじゃないけど。

約半年振りの家族との再会。
懐かしい、とは別に思わないが。
まあ、久しぶり。
お土産とかお土産話に花が咲く。
普通のパック寿司がこんなにおいしいとはね。
日本にいたころは思いもしなかった。

さて、今日は本当に疲れてるから、この辺で書き止め。
半ば意識朦朧としてるしね。
あーねむ。

2007.12.19 Wed l 自分のための日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
12月17日(月)晴れ

ついに明日日本に帰る。
毎日がサバイバルで、ほんの5ヶ月前はこんな日が来るなんて想像もできなかったというのに。
明日日本に帰る。

また飛行機で寿司詰めにならないといけないのか。
はぁしんどい。
飛行機のエコノミークラスって、現代の大型客船3等室なんだろうな。
こんな時代もあったねと。
いつか笑える日がくるさ。

今日はプログラミングを教えにもらいに研究室へ。
けど、ポスドクの人がパスワードを忘れて、使うはずのパソコンにログインできなかった。
ので、また来年って話になった。
ま、ヴァケーションを気楽に過ごせるように、はからってくれたのかもしれないけど。

んじゃ、気楽に自分のやりたい勉強やらなにやらやって過ごしましょう。
ありがたく。

旅行カバンにも荷物を詰める。
お土産がほとんど。
あとは服と日本で勉強したい教科書。
6冊持ったけど、3冊できれば上々。

にしても。
5ヶ月経った。
この5ヶ月で、自分は自分の目標を達成できたろうか。

5ヶ月前に自分が何をしたかったのか、ほとんど覚えてない…
忘れないように、プロフィール欄に書いてあるけど。
毎日読み返して過ごしてきたけど。

このセメスター内に、何がしたかったんだっけ。
そうだ、ちゃんと自分の望みの研究室に入ることだ。
なんだ。
バッチリ達成してるじゃん。
よきかなよきかな。

じゃあ次のセメスター内では、何をしようかな。
あまり無理のある目標を立ててもしかたない。
だから、次のセメスター内では最新の研究に追いついて本格的に論文の書けるプロジェクトを任されるようになる。
これをやってやろう。

そして夏休み中に論文を1つ書く。

さてさて。
明日は5時起きだからな。
今日はもう寝ないと、だね。

2007.12.18 Tue l 自分のための日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
12月16日(日)晴れ

今日はお土産とか自転車の空気入れとかを買おうと思って遠くの百貨店まで自転車で出かけた。
遠かった。
昼の2時半に出発して、結局5時になっても目的にしていた店にはたどり着けなかった。
片道3時間。

体がなまっているのを痛感した。
もう若くないって、わけじゃないけど。
高校生のころは自転車でよく遠出したものだった。
毎日自転車通学だったし。
それが今では。

あんまり自転車に乗らなくなったからな。
使う筋肉が違ってきた。
自転車のタイヤの空気圧が少なくなってたのもあるけど。
こんなに疲れるとは思わなかった。

で、最初に考えてたところにはたどり着けなかったけど、代わりにでかいショッピングモールを見つけたからそこで買い物。
でかいでかい。
こっちに来る前に、アメリカのショッピングモールとして想像していた、まさにその通りなモール。
帰国2日前、ついに発見。

カーテンとか、冬本番に向けて毛布買ったり、オルゴールをお土産に買った。
あと自転車の空気入れと自転車での買い物用のリュック。
これでいろいろと、たいぶ楽になる。
まあ、いい買い物した。

お腹が減ったのですし屋に入ってみる。
なんか、看板が本格的っぽかったから。
いったいどんなかと。

なぜかkaniが一番安いネタの欄にあった。
卵とかと一緒。
こっちではカニが安いのかと思って頼んでみたら、カニかまが乗って出てきた。
カニかまって…
冗談なのか本気なのか勘違いしてるのかこういうアレンジなのか。
判断に迷う。

そしてなんか質が微妙。
全体的に大きさが小さいしネタもあんまりおいしくなかったな。
1つ1.5ドルでこれですか。
高けぇと思うけど。
アメリカでは生で食える魚が流通してないんだろうなぁ。
大学生協で食べるパック寿司のほうが美味いという。
いくらとか食えたけど。

そんな感じでなんとなく欲求不満だったので帰りに違う店にも寄って、パック寿司を買った。
そこにもカニかまが入ってた。
カニかまの寿司はアメリカではメジャーなようで。
こっちはまあまあ美味かった。
同じ値段なのに、パック寿司に量も質も負けてるって、そりゃないよ。
あの店には、もう二度と行かない。

帰りは本当にきつかった。
自転車に乗ってもこげない。
歩いた方が楽。
普段はあんまり気にしてなかったけど、自転車の空気圧って本当に重要。
摩擦で前に進めない。

そんなこんなで帰ってきたのは夜の9時半。
結局往復7時間の旅。
疲れた~。

けどきっとまた行く。
自転車の空気入れ買ったし。
多分ちゃんと空気入れればそんなに苦しくないはず。
買った直後は使い方分からなくて使えなかったけど。
それにリュック買ったし。

ちゃんと朝に出発すれば、往復で3時間ぐらいしかかからないで済むだろうし。
まあ、夕方には帰ってこれるだろう。
時々、なんか買いたくなったら行ってみよう。

にしても。
これで明日筋肉痛ならまだいいけど。
筋肉痛1日送れで来たりしたら、ちょっとショックかも。

2007.12.17 Mon l 自分のための日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
12月15日(土)

やっぱり試験の後はダラけるなぁ。
今日はお土産でも買いに行こうと思ってたのにダラダラネット。
まあ、悪くはないけど。

ひさしぶりにまともな食材を買いに出かける。
ここんとこ、ラーメンばっかりだったし。
それもクリームチーズ味の。
いや、悪くはないと思うけど。
スープ少なめにして、コショウをかけて食べると、けっこうおいしいと思うけど。
こってり感。

先週買ってきて、料理できないでいた魚が、冷蔵庫の中で腐っていた。
うげぇ…
思い出しても吐き気をもよおすひどい臭い。
アンモニア臭ってやつだ。
魚の酵素は冷蔵庫の中でも活性を失わない。
せっせと老廃物を作り溜めてくれてたわけだ。
気にはなってたけど、これほどとは…

魚は捨てたけど、冷蔵庫の臭いがとれない。
しばらくは、がまんするしかないけど…

明日はお土産買いに出かけないと。
日本に帰るまで、あと3日しかない。

あと、主人公なのに悪魔と呼ばれるなのはさんに一票。
少し、頭冷やそうか…

2007.12.16 Sun l 自分のための日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
12月14日(金)晴れ

今日は例の同じ研究室の人にプログラムを教えてもらいに行った。
なんか、前もって送っておいたメールが届いてなかったようで。
結局今日は教えてもらえなかったけど。
月曜日だそうだ。

ところで、あの課題は論文に出来るようなものじゃないらしい。
ま、練習問題みたいなもんだそうで。
なーんだ。

まあいいや。
サクっとこなそう。
そして計算に慣れよう。
何気に、スーパーコンピュータを使っても2,3日はかかるような計算らしいし。
そんなにそんなに、楽勝な話でもないんだろう。

あと、量子力学のレポート返してもらった。
今回は満点じゃなかったけど、ほとんど満点。
符号のプラスマイナス一箇所間違えてて、それでちょっと減点。
残念。
寝不足によるケアレスミス。
どうでもいいけど。

でもなー。
99点と100点満点じゃ、雰囲気が全然違う。
惜しかった。

この余裕はレポートだから出るけれど。
なんで普通のテストだと平均点がやっとかなぁ…
単純に数を数えるのが、苦手だから。

1個2個3個…あ~!いっぱい!!!
という大雑把さ。

友達のフィリピン人に連れられて近所の大学の卒業式に参加。
みんな映画で見るような、黒い服に変な帽子かぶってた。
これ、本当だったんだ。

にしても。
日本の卒業式って、卒業生のためにやるんじゃなくて、それを見る保護者のためにやるけど。
僕はそういう考え方が、はらわた煮えくり返るほど嫌いなんだけど。
こっちの式はちゃんと卒業生のためにやる。

だから卒業生は入場や退場のときに観客席に向かって手を振りまくるし、卒業証書授与で名前が呼ばれると、親とか友達が声援を送る。
当然、卒業式の練習なんてやらないんだろうね。
なんで練習が必要なんだか。
サプライズ誕生会を、主役を交えて通し練習やるか?
あほらし。

その後でその友達の友達の卒業生と一緒にパーティ。
ギターとか教えてもらった。
割と楽しかったな。

2007.12.15 Sat l 自分のための日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
12月13日(木)

ついに化学結合論のテストが終わった。
長かったなぁ…
手ごたえは上々。
いつもと同じだから、多分平均点ぐらいだろう。

今回は見直しにも力を入れて、答えたところはみんな当たってると思うんだけど。
そしたら、わりといい結果になるはずなんだけど。
相変わらず、うっかりなミスが多いんだろうな。
ま、それを差し引いて普通な点は取れてるだろうよ。
良かった良かった。
これで大手を振って日本に帰れるね。

これでこのセメスターの授業は全部終わり。
授業が始まってからはほんの4ヶ月しか経ってないっていうのに。
もう2年ぐらい経ったような気がする。
長かったな。
楽しかった。
毎日が充実していた。

本当に留学してよかったと、しみじみ思う。
今が楽しい。
そしてこれから、もっと楽しくなると確信している。
わくわくするぜ。

明日は研究室のポスドクの人にプログラミングについて教えてもらいに行く。
居るかどうかわからないけど。
結局メールに返事がないし。
読んでるのかなぁ…
てか、大学に来てるのかな。
冬休み中にある程度プログラミングは押さえておきたいんだけど。

さて、明日からは自分のやりたい勉強をやるか。
ほんの3週間ほどだけど。
時間がある。

とりあえずFEYNMAN LECTURES ON COMPUTATIONは読もう。
量子コンピュータの可能性について知りたい。

あとは統計力学の復習。
次のセメスターで習うから。
早めに対策しておかないと。
研究で絶対使うし。

あとは図書館から借りてきた量子力学の本を読もう。
場の量子論の入門書。
できるだけ取り組もう。

勉強はこんなもんか。
統計力学の復習の半ばまでいけば、いいだろうな。

同時進行で、やろうやろうと思っていた高校物理のサイトを作る。
これをある程度本腰入れて取り組もう。
日本の教育を変えてやる!

ま、とりあえず明日は遊ぼう。
遊ぶときに思いっきり遊ばないと、ダラけちゃうからね。
パーティがあるらしい。
何をするのかなぁ。
楽しみ。

2007.12.14 Fri l 自分のための日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
12月12日(水)晴れ

今日でちゃんと全部復習終わった。
出されていた問題も解いてみた。
まあ、多分なんとかなった。

明日でこのセメスターも終わりか。
まだ感慨にふけるのは1日早いけど。

明日のfinal examは3時間に及ぶハードな試験。
どんだけ問題解かせる気なんだか。
難易度はこれまでのテストと同じくらいらしいから。
なら、大丈夫かなぁと思ってみたり。

てか、本当に同じレベルなら、かなり楽勝だけど。
そんなわけないだろうな。
まあ、心してかかろう。

明日も朝から復習にせいを出しますか。

2007.12.13 Thu l 自分のための日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
12月11日(火)晴れ

今日もそこそこ勉強した。
講義ノートを90ページ。
がんばったのに。
これ以上は進まなかったな。

まだ50ページ残ってる。
明日で終わるか。
はぁーあ。
結局ギリギリだよ。

こんなんだからテストで中途半端な点しか取れないんだろうなぁ。
まあいいや。
もうこの際。
平均点取れれば御の字で。

指導教官からメールが届く。
1月2日にこっちに帰ってくるって。
そして1月7日にミーティングがあるって。

いよいよか。
僕もproject貰ったことだし。
がんばらないと。
そして楽しみでもある。

ちゃんと理論の研究をやってる人たちと接する機会だ。
何気に初めてだったりすんだな。
どんな人たちなのやら。
楽しみ。

あと、プログラムを習う人にメールを送っておいた。
次の金曜日に会う約束を取り付けたい。
まあ、大丈夫だとは思うけど。
なんか、先週の金曜日は自分で勝手に休みにしてたみたいだから。
そりゃ、先生が居なかったらダラけるよなぁ。

テストのために勉強するのは苦手だしやる気も起きないけど。
研究のためならいくらでも出来る。
まあ、時々プレッシャーに負けて逃げ出したくなるときもあるけど。

次のセメスターは目の回るような忙しさになるだろうな。
それでも楽しみだ。
研究が出来る。
上手くいけば、次のセメスター内に論文一本書けるかも。
もちろんその気で取り組むけど。

さあ、そのためには勉強だ。
まずは量子力学をもっと深く理解しないと。
すくなくとも、大学院生のための教科書を読むぐらいしないと。
やる気が出てきた。

ま、そのためにはまずは化学結合論のテストをパスしないといけないんだけど。
それも、気が重いけど、やるか。
あんまり、成績はパッとしなくてもいいなって気になってきたけど。
もうprojectも貰って、自分の実力を研究で指導教官にアピールできるようになったんだし。
そっちで挽回することを考えたほうが、僕らしいし効率もいい。

あと、今日はアボガドを食べた。
アボガドの刺身。
そこそこ美味かった。
アボガドと醤油でトロの味。
わさびが無かったけど。
妙に青臭くて腹にたまるけど。
けっこうおいしかった。

さてと。
化学結合論の勉強も、明日もがんばれば十分終わる。
あんまりいい点は取れそうも無いけど。
なんとかなるだろう。
気楽にがんばろ。

2007.12.12 Wed l 自分のための日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
12月10日(月)

今日はそこそこ勉強。
講義ノートを100ページほど復習。
授業の始めに習って、英語力の不足のせいでよく分かってなかったところがスッキリ理解できた。
ああ、そういうことだったんだ。

日本語の教科書で勉強して、それと重複してたところは理解してたけど。
intermolecular perturbationをよく理解した。
ちょっと理解が足りてなかった。
そういや最近習ったところも、それが原因でいまいちよく分からないところがあったんだよな。
これで理解が深まるはず。

にしても、おとといの晩に、どうにも寝付けないから部屋の模様替えをしたのだが、それがすごく具合がいい。
蛍光灯の真下に机を持ってきた。
今までは壁ぎわに机があって、頭の影が机に落ちるような位置関係だったけど。
部屋のど真ん中に机。
これ、すごくいい。

光が真上からくるから、本とかに影が落ちなくて目にやさしい。
集中できる。
ちょっと立ちながら本を読んだり、少し離れた位置から読んだりしても、楽だし。
もっと前からやっておけばよかった。
いつかやろうと思っていたけど、のばしのばしにしていたこと。
そうすりゃ、セメスター中の勉強の効率が、目に見えるほど上がってたろうに。

印刷してもらった写真を取ってきた。
なぜかもうある写真が2枚印刷されてたけど。
まあ、いいや。
これは人に配ろう。

ついでにお土産にと思って、こっちでは普通に売っている、大きいマシュマロを買う。
こんなでっかいマシュマロ、日本じゃ見たことない。
日本のやつの、3倍ぐらいでかいのだけど、これが地味に美味い。
もふもふ~な感じが。
日本の研究室にも寄るし、そのお土産にもいいかなと。
あんまり、銘菓とか無いみたいだし。
アメリカ。

にしても。
まだ復習しないといけない講義ノートが150ページぐらいある。
いやはや。
ついに尻に火がついてきたな。
終わるかどうか。
いや、このペースなら明後日までには終わるけど。
それで間に合うけど。
本当にそれで十分かと言われたら。
なんか、十分じゃなさそうだしねぇ。

明日、集中してがんばろう。
最近のノートはほとんど内容覚えてるし。
楽に復習できるだろう。

2007.12.11 Tue l 自分のための日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
12月9日(日)

さすがにヤバい。
余裕がきれいサッパリ無い。
なんてっこったい。

今日は結局3時間ほどしか勉強しなかった。
なんてこったい。
なんか、特殊なOs錯体の分子軌道の問題を解いてるうちに、疲れたしネットでもと思ってそのまま8時間経った。
え。
…え?

なぜ…

とりあえずちょっと携帯小説を読んでみた。
日本で流行っているらしい。
なかなか面白かったな。
3個ぐらいしか読んで無いけど。
全部読んだの無いけど。

ちょっとヒマつぶすには、もってこいな読み物だと思う。
ただ、書籍版を買う気には到底なれないが…
この内容で1000円だったら、高すぎる。
てか、普通に印刷したらA4、10枚ぐらいに納まりそうな文章量だし。
なぜ本になるんだろう…

こういうところで、やっぱり日本人は金持ちだなぁって実感するよな。
こっちじゃ1ペニー人からかき集めて生活してる人とかいるのに。
1000円あったら半月暮らせるんだろうな。
どうでもいいけど。

あと、底辺プログラマーの実話を読む。
きっついなぁ。
自分は、本当に恵まれている。
いろいろな物に。
本当に恵まれている。

紙一重で僕だってこんな人生になってもおかしくなかったんだ。
ハイリスク・ハイリターンな才能しか持ってないから。
本当にちょっとしたことで、こんな人生になってもおかしくなかった。
いやほんと。

そしてその幸運を自ら手放そうとしているかのような今日の生活態度は本当に良くない。
反省しよう。

2007.12.10 Mon l 自分のための日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
12月8日(土)晴れ

昨日は普通な時間に寝たのに、12時に起きる。
眠くて眠くて。
よく考えてみたら、最近徹夜続きで寝不足だったのに、ろくに寝てなかったじゃないか。
それであんなに昨日は眠かったのか。

今日もそこそこ勉強。
配意結合の話とかperturbation theoryとか復習。
そこそこ。
なんか、やったぞーって感じはしなかったけど。

目標がいい加減なんだよな。
前はここまで教科書読むっていう、分かりやすい目標があったけど。
復習ってやっててわくわくしないから苦手だし。

そんなことよりも、なんでdz2軌道はあんな形なのかが気になってしかたがない。
量子力学の授業で習ったけど。
nodeが2つある軌道を考えていくと5種類出てくる。
その一つ。
だけど、他の4つは似た形なのにこれだけ全然違うのは、一体なぜ?

全部シュレーディンガー方程式から出てくるんだろうけど。
それは電子の分布の具合に、一つ特別な方向が存在しているということで。
その特別な方向ってのは、一体ぜんたい、どこから出てくるんだ?
原子核の向きが関係してる?
ああ、わけ分からん。

こんなの大学1年の頃からずっと疑問に思ってたけど。
未だに理解してないんだよなぁ。
d軌道の化学はあんまり使わなかったし。
テキトーに流してきたけど。
やっぱり変だ。

にしても。
こんな事に頭煩わせてたらテストでいい点取れなくなることは確実だけど。
研究するには絶対必要な思考。
こういう思考が出来ない奴が研究の場で落ちこぼれて先生になって生徒を教育するという日本は。
優秀な技術者を育てるにはいいけど、科学者は育たない。

だから僕が高校生のために物理を教えるサイトを作ってやろうと思ってたけど。
この冬休みの間に作ってみたいと思っているけど。
そんな時間あるかどうか。
やっぱりまだまだ自分の勉強をやらないといけない。
別名研究。

あと今日はまた写真を現像してもらってきた。
この間貰いそびれたやつを。
また明日取りに行く。

英語も簡単な会話をするならほとんど不自由がなくなった。
写真をいつ取りにくるかで話が食い違ってたけど。
焼きあがったらすぐに取りに来て欲しかったようだけど。
明日取りに来るって意思をちゃんと伝えれた。
成長したなぁ自分。

2007.12.09 Sun l 自分のための日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
12月7日(金)晴れ

今日は例のprojectで参考になるという教授の論文を調べて印刷してきた。
図書館でちょいと調べれば、すぐに手に入る便利さ。
電子ジャーナルの効率はすばらしい。

この人、ネイチャーにもレターを載せてる。
2年前のわりと新しい論文が20件引用されてる。
どうやらすげー人らしい。

いろいろ参考になりそうな論文を書いていた。
これを理解できるのはまだ当分先になりそうだが。
日本に持って帰って、読んでみよう。

あと、プログラミングについてアドバイスをくれるって言う人のオフィスを見つけた。
同じグループの人だったようだ。
今日は居なかったけど、月曜日にまた来て話を聞こう。
いったい何が必要なんだか。

少しずつ研究が始められるような環境になってきたかも。
1ヶ月とかじゃなくて、ちゃんと半年ぐらいかけて解いていいみたいだし。
この課題。
それならなんとかなりそう。

あと今日はそこそこ勉強した。
いろいろ復習。
あんまり進まなかったけど。
別に遊んだわけでもないのに進まなかった。
それは寝不足のせい。

睡眠不足は良くないね。
どうにも読んだものが頭に入ってこない。
英語を読むのはもう不自由が無いのに。

まあ、こんな調子でやっていけば、なんとかなるでしょ。
electronegativity perturbationとか復習した。

そういや、頼めば今すぐにでも研究室に僕の机を用意してくれるかもしれないらしい。
あ、そうだったんだ。
知らなかった。
プログラムの人にも聞いてみて、もし用意してもらえそうなら用意してもらおう。
先輩が出来たら、いろいろ心強い。

2007.12.08 Sat l 自分のための日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
12月6日(木)晴れ

今日は12時に起きて、理系なら誰でも知ってるような超有名大学から来る教授の講演でも聴きにいこうと思ったのだけど。
やっぱりちょっと分野が違うからやめておいた。
興味持てなくて居眠りしても悪いし。

にしても。
あの先生も結構すごい。
あんな大学から人を呼んで来れるとはね。
「今度うちで講演してよ~」
「ええ?仕方ないなぁ」
てなぐらいには、付き合いあるんだろうね。
さすが学科長。

そして今日は前から書きたいと思っていた合格体験記を仕上げた。
僕はこんな風にしてこの大学に受かってきた。
思い出しても、ありえないと思う。
でも実際起こったことだから。

なんか、かなり、特例的に受かってきたみたいで。
その特例を作ってくれた今の指導教官には、本当に頭が上がらないよ。
ありがたや。

だから出された課題なんてサクっとこなさなきゃいけないのに。
来週ある化学結合論のテストのための勉強と、projectのための勉強と、どっちも気になって結局どっちも手につかない。
なんじゃこりゃー。
今日は化学結合論の問題一つ解いただけで、あとは勉強してないな。
結局。
はぁ。
悪い悪い。
もう6日しかないのに。
さすがに焦ってきた。

なんか、このprojectにはプログラミングが要るらしく。
fortranは使えるかと聞かれた。
いえ、名前しか知りません。
C言語なら、ほんとにちょっとなら知ってるけど。
for to構文とか。
なんて初歩ー!
コンパイルも挑戦したけどなんか上手くいかなかった。
そのあたり。

でも、そんな少ない知識を使って、僕は簡単なゲームを設計してた。
手帳にプログラムが書いてあった。
懐かしいなぁ。
周期表ゲーム。

今度プログラムをちゃんと習って、使えるようになったらあれを完成させてみるのもいいかもしれない。
遊びながら周期表を暗記できる優れもの。
ゲームばっかりやってないで勉強しなさい!
なんてもう言わせない。

指導教官には悪いけど、しばらくはprojectのほうは生返事ですませて、化学結合論勉強するか。
どうせ6日だけだし。
メールで1日1回のやり取りしかしないんじゃな。
とにかく、どっちかに集中しないといけない。
だからテストをやろう。

でももうprojectも同時進行でちょちょいとやれますよ!
なんてメールを送っちまったんだよう。
その舌の根も乾かぬうちに。

ああ、しかし、今日無駄にした時間を使えば、実際に同時進行できたのだ。
焦らずゆっくり着実に。
やればどっちもこなせるのだ。
ムリだと思うと焦ってコゲついて、本当にムリになるのだ。

そうだ、僕にはできる。
なんでもバッチリこなせるさ。
そのためにも今日はもう寝よう。
明日は10時に起きよう。
それでいいじゃない。

2007.12.07 Fri l 自分のための日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
プロフィールにあるとおり僕はアメリカの大学院に留学しています。
そろそろこっちに来て半年になりますが、毎日アメリカに留学してよかったと思っています。
なので理系で大学院に行くなら、僕は断然アメリカの大学を薦めます。

ちょっとでもアメリカの大学に興味を持っている人のために、僕が一体どうやって留学を実現させたかを書こうと思います。
これを読んで自分も留学してみたいと思ってもらえたら幸いです。



その前に簡単にアメリカの大学院に留学する利点を2つ上げたいと思います。
それは、全体的なレベルの高さと待遇のよさです。


アメリカの大学は日本の大学と比べてレベルが高いです。
それはノーベル賞受賞学者の数を比べれば一目瞭然です。
日本は12人、アメリカは295人のノーベル賞学者を輩出しています。(2007年12月現在)
文字通り桁違いです。

僕の大学にもノーベル賞学者が1人居ます。
隣の大学にも1人居ます。
日本では本当にごく一部の人にしか与えられないチャンスが、こっちではいくらでも転がっています。


それに加えて学生の待遇も段違いにいいです。
僕は今、大学でTAの仕事をしていますが、そのおかげで月、手取りで1500ドル以上の給料を貰っています。
その上学費が免除されます。
アメリカは生活費が安いので、僕はたいした苦もなく毎月10万円ほど貯金しています。

ちょっと学生実験の手伝いをするだけでこれです。
学費を払うために借金して、生活費を稼ぐためにアルバイトしないといけない日本からしたら、想像もつかないようないい待遇です。



アメリカに留学してみたいという気になりましたか?
それでは僕は、どうやってアメリカの大学院に合格したのかを書きたいと思います。

banner2.gif←続きを読む前にワンクリック!(別窓が開きます)


2007.12.06 Thu l 人に読んでほしい記事 l COM(8) TB(0) l top ▲
12月5日(水)晴れ

今日は半袖で過ごせるほどあったかかった。
てか、長袖だと暑くてしかたなかった。
もう12月だってのに。
サンタが空を飛べない、普通のソリじゃ移動できない!

今日はproctorの仕事があったからわりと早起き。
11時から1時まで2時間の仕事。
昨日は徹夜明けで買い物に行けなかったから食料がない。
本当に何にも無い。
ごはん以外。
しかたないから自動販売機でお菓子買った。
なんて朝食。

仕事の後、ちょっと買い物に行った。
paycheckを現金に変えて、日本に帰るお土産に大学生協でウィンドブレーカーとぬいぐるみを買う。
大学のマスコットのぬいぐるみが置いてあるあたり、まったく商魂たくましい。
正当な報酬としてお金を稼ぐのは、どんどんやるべきだけど。
それは世界を良くしていく。

あと、やっぱり食料がないから昼飯にピザを買った。
今回はちゃんとトッピングを頼む。
ベーコンとか。
うまいね。
食べた後やたらのど乾くけど。

あー太る太る。
たまにはジャンクフードを食いたくなる。
いっつもヘルシー和食じゃね。
まあ、せっかくだから。

そして満腹になったところで買い物へ。
お土産にこっちで売ってる変なインスタントラーメンでも買っていこうと思う。
Roast Chicken Flavorとか、ううーん。
僕はけっこうイケると思うんだけど。
いったいどんな顔するかな。
楽しみだ。

最近取りためていた写真を現像した。
これがアメリカだよーと。
いい記念になるだろう。

でもなんか全部現像してもらったと思ったら、ちょっと残っていたらしい。
また取りにいかないと。
まあ3日後ぐらいに。

そんなこんなで帰ってきたらもう6時で。
遅くなった。
あと、晩ごはんのバナナを食べながらちょくちょくネットやって、『壊れかけのRadio』に聴き惚れる。

僕も昔はすんげぇバカだった。
IQが低いという意味ではなく。
そのキレる頭の使い道を知らなかった。
それがどれだけ力を持っているのか知らなかった。

だから今考えると、恥ずかしくなるような、口げんかをしたものだ。
議論というよりもは口げんか。
それも弱いものいじめ。
相手が議論についてこれないことを利用して、一方的にまくしたてた挙句にぜんぜん正しくない結論を出して、僕と相手の2人の間でだけ僕が勝ったことにしたり。

相手も別に正しい結論を出したいわけじゃなくて、ただ僕をやり込めたいだけだったから、そういうことをしたんだけど。
今考えてみると、恥ずかしい。
あの頃、僕はガキんちょだったんだ!
だから仕方ないじゃないか!

まあ、そんな恥ずかしい記憶よりも、世の中のつまらない大人をバッサリ切り殺した記憶の方が多いけど。
こっちはぜんぜん後悔してない。
むしろ誇らしいね。
僕は世の中を少しだけど変えた。
良くした。

あの頃は良かった。
身の回りにいる、くだらない大人のくだらない点を指摘して、改善を求めてりゃよかったんだから。
僕にはなんの責任もなかった。
ただ、不当に制限されてる権利を主張すればよかっただけ。
楽だなぁ。

こんな奴ら足元にも及ばないところへ僕は行く!
って。

あれから10年経って。
僕は大人になりかけているけれど。
あの頃の僕からしたら、完全に大人だけど。

中学の先生なんて、足元には及ぶかなってところへ僕は来てるけど。
今だに同じようなことをやっている。
ただ、今と昔で決定的に違うのは、今度は僕が”憧れている”人たちを追い抜いてやろうとしていること。

内心本当にできるかどうか不安になりつつ。
でも、やってやる!と気力を奮い立たせて。

できるかな。
できるといいな。
いやいやきっとできる。
できなくてもあんまり困らないけど。

あと大概に人に読んで欲しい記事でも増やそうと思って、アメリカ大学院合格体験記を書いた。
僕の合格方法は、日本じゃあり得ない方法だったから。
まったく。
思い出しても冷や汗でる。
よく受かったよ。
傍から見たら受からないほうが変だと思うんだろうけど。
でも、案外そうでもないからな。
波乱万丈。

そして指導教官にメールを書く。
与えられたprojectに取り組みますよーと。
意気込みと少し質問を書いて。

これをバッチリ決めて、うまい結果を出せたら、きっと来年からTAじゃなしにRAをもらえるんだ。
そしたら研究だけやってりゃ給料もらえるようになるんだ。
それは3年で博士取るには絶対必要なことだから。
だからまだ見ぬ『Rozen Maiden』の内容に想像の翼広げてる場合じゃないんだよ!
うがー。
結局なんだかんだで1日勉強してねー!
明日、明日がんばろう。

2007.12.06 Thu l 自分のための日記 l COM(2) TB(0) l top ▲
12月3,4日(月、火)晴れ

徹夜で量子力学のレポート仕上げた。
まあ、今回も満足のいくできばえ。
皆の力だね。
いや、問題の物理的な状況を理解したのはほとんど僕だけど。
ケアレスミスを直してくれるのがこんなに頼もしいとは。

月曜日は午前中からずっと図書館に入り浸ってレポート書き。
フェルミオンのクリエイションオペレーターとかなんとか、調べて書いた。
これぞ大学院の量子力学だろうに。
まあ、最後にレポートに書けるぐらいには力ついたってことで。
化学やるなら十分だろう。

しこたま計算した。
微分積分。
x^2sin2xとかの積分がやたらめんどくさかった。
ああ……
こんなの、確か高校で習ったのに。
今さらになっても難しい。
なんでかなぁ。

まあ、3桁×さ3桁×3桁の計算を間違えずにやる自信なんてまったくないし。
同じことだろう。
単純計算は苦手だよ。
答え合わなくてもいいなら、けっこう好きだけどね。

インド人にフィリピン人に中国人。
こういうメンバーで勉強。
今でこそ、僕と比べたら可哀相な感じだけど、やっぱりそれぞれの国の中ではトップエリートだったようだ。
東大と交換留学している大学から来てる人とかいたし。

まあ、みんな普通と比べたら頭いいんだろうな。
日本に来たら英語の天才と呼ばれること間違いなしなぐらいに英語できるし。
まあ。
英語の天才は英語の凡人に劣る。
当たり前のことだけど。
これを受け入れられない人はいつまで経っても英語はできるようにならない。
やれば誰でもできるだろうけど。
でも、やっぱり社会的に価値ある存在にはなるだろう。

延々と計算し続けて、計算結果をきれいにレポートに書いて、結局終わったのは火曜日の朝6時。
1時間だけ眠って起き出して、最後の見直し。
ここで、最後まで解けてなかった変分の問題に、ちょっとつけたし加えた。
満点よりも上を目指す。
そんなん、ないけど。
気分的に。

そして午前中に提出。
ああ、これで量子力学の授業は終わりだ。
長かったような短かったような。
結局、英語で苦労した以外は特に理解に苦労することはなかったな。
てか、ほとんど独学で理解してた内容だったし。
物理学科だったら学部2,3年で習うような内容だったし。
まあ、化学科なんだからこれだけやれば十分なのかもしれないけど。

その後で髪を切りに行った。
バッサリと切り落とした。
もう2年も伸ばしてたからな。
合わせ鏡で見たら、背中の真ん中ぐらいまで伸びていて驚いた。
いい加減に面倒になってきたし切ることに。

しかし。
どういう風に切って欲しいか、ちゃんとネットで拾った写真を印刷して持ってったのに。
どうしてその通りに切れないのかね。
短くしすぎだ。
5センチぐらい余計に切られた。
いらいらするな。
そのことを指摘しても、なんのかんのと言い訳して、悪いと思ってない様子。

まあいい。
どうせ3ヶ月ぐらいでちょうどいいぐらいに伸びるだろうし。
もう2度とあの床屋には行かないけど。
知り合いの知り合いにも行かせたくないけど。
どうりであそこで切るって言ったら、なんか微妙な顔されたわけだ。

短くなりすぎたけど、まあ、手入れは楽になった。
にしても。
仕草やらなにやら、まだ長かった時に染み付いた体の動きが消えない。
当たり前だけど。
首の動きに制限がない自由。
手ぐしですく髪がない。
頭を振ってもなびく髪がない。

すぐに慣れるだろうけど。
にしても、本当に生活の一部になってたんだと知って驚いた。
洗ったり乾かしたり梳かしたりまとめたり。
そんな時間あったら、簡単な論文なら1本読める。
そう思ったから切ったんだけど。
なんかちょっと喪失感。
開放感と打ち消しあってプラスマイナス0だけど。

その後は昼間っから眠った。
徹夜はしんどい。
6時間ほど眠った。
起きたら真っ暗だった。
なんかダメな人間の生活みたい。

指導教官から来ている課題について調べる。
メールに参考になるような教授のサイトのリンクが貼ってあったけど、切れてるんだよな。
調べたらスエーデンの大学の人らしい。
スエーデン…
いったい何語を話しているのかも知らない。
大学のホームページは見つけたけど。
ウムラルト記号がついてた。
孤立電子対みたい。

初めてin English版の存在をありがたいと思った。
日本のサイトを回ってて出くわすと、なーんか世界を意識しすぎじゃない?
なんて思ったものだけど。
必要だわ。
公的なサイトは英語で書かれなきゃ。

で、その教授を見つけて勉強しようと思ったんだけど。
ついついネットで遊んでしまった。
まあ、1日ぐらいいいか。
また明日から、来週の試験にむけて勉強しなきゃいけないんだし。

翠星石かわいいよ翠星石。

2007.12.05 Wed l 自分のための日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
12月2日(日)晴れ

今日はちゃんと勉強したな。
問題もあらかた解いた。
これなら明日中に終わる。
よきかな。

まだ1問、どうにも解けない問題があるけど。
これも半分は解いてるし。
まあ、A付けてもらうのには十分な点が取れるだろう。
でも満点めざす。
100点と95点では印象が全然違うし。
こいつ、底がねぇ…
て、思われたい。

そして一緒に解いていたインド人に夕食をおごってもらった。
別にそんなのいいのに。
まあ、払ってくれるっていうなら、ありがたく貰っておこう。
ハンバーガーを食べる。
やたら量が多かった。
びっくりしたな。
これで7ドルかぁ…
安いと思った。
ハンバーガー2個とフライドポテトが山盛り。
全部食べきるの大変だったぞ。
太るね。
こんな食生活してるから心臓病になるんだよ。
アメリカ人。

実際、よく勉強しているアメリカ人はみんな太ってる。
なんだかなぁ…と。
うちのクラスでは、例外無く全員太ってる。
ちゃんと栄養考えて食事しなよ~。
そういう自己管理はあまあまなんだなぁ。

2007.12.03 Mon l 自分のための日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
2007年12月1日(土)晴れ

今日もほどほどに勉強。
とりあえず2問解けそうで解けなかった。
また明日。

フィリピン人の女の子が使えなさすぎて困る。
なぜ普通の4元連立線形な代数方程式も解けないんだ。
他にも誘ってくるって言ってたのに一人で来るし。
僕は別にデート気分でまったりするために来てるわけじゃねぇー!

そして僕が誘っておいたインド人の男が来たら、気分が悪いと言って帰るし。
あ、そう。
と。
そこから後は結構進んだ。
明日もまた一緒に勉強。
それで終わるだろう。

大学の図書館から寮に帰る途中で電話がかかってきた。
どうやら少し反省したらしい。
明日もまた図書館で待ち合わせ。
教会に顔出してから来るって言ってたから。
それまでには全部終わるといいな。

そしてそれからネットで遊んでしまう。
気晴らしっていうか。
youtubeには魔物が住んでいる。
おーこわこわ。

今日は早めに寝て明日普通の時間におきよう。

2007.12.02 Sun l 自分のための日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。